Home • プチ整形とメスを使用した整形は、どちらがいいの?

プチ整形とメスを使用した整形は、どちらがいいの?

 - 

そもそもプチ整形とは何か?

プチ整形とは、いわゆるメスを使って行う整形以外の施術方法をさします。目元の整形ならば埋没法といって、糸でまぶたの裏側を止めることで二重にする方法です。取れないアイプチのようなものですね。また、ヒアルロン酸を注入することで鼻筋を通したり、唇に厚みを出す整形などもあります。プチ整形は、メスを使用しない分、ダウンタイムが短いなどのメリットがあります。その反面、効果が持続しないことがデメリットとして挙げられます。

メスを使用する整形とは?

メスを使用する整形とは、骨を削ったり、皮膚を縫い合わせたりして施術をする方法のことです。プチ整形で行うことが出来ない範囲まで施術をすることが可能です。また、半永久的に効果が持続することがメリットとなっています。しかしメスを入れる分、腫れが長引いたり、失敗するリスクが高まる可能性があります。失敗するリスクの変動は、医者の腕次第です。実績のあるクリニックを選択することが、リスクを減らすことに繋がります。

どのような顔に変わりたいのかが重要です!

プチ整形とメスを使用する整形には、それぞれメリットとリスクが存在します。また、どういった顔になりたいのかによって、出来る施術と出来ない施術もあるのです。そのため、自分の元々の顔のパーツと、なりたい顔のパーツの乖離によって、どちらの施術を選ぶかを決めるとよいでしょう。そして施術を受ける前に、カウンセリングをしっかりと受けることも大切なことです。プチ整形だからリスクが全くない、ということはありません。

美容整形とは、見た目を整えるために行う整形手術のことです。特に健康に支障がない場合でも審美的な目的で行われます。